バナー

会社として加入しておくべき保険について

会社を経営していくなかで、思いもよらないことが起きる可能性があります。たとえば、経営者自体が、病気になり職務を遂行できなくなったり、工場や店舗が火災にあうといったことがあります。こういった事態に備えるために、各種の保険に入っておく必要があります。



たとえば、店舗の火災や盗難などに対しては、店舗総合保険といったものがあります。



これに加入しておけば、万が一の出来事に対して、保険金が支払われるので、早期の復旧と再開に資金面でめどが立てやすくなります。



またこれには、損害があってから、再開するまでの休業に対する補償もつけることが可能な商品も存在します。



またPL法に対する保険も有名ですし、加入している企業も多いはずです。

自社で製造した製品などで、その製品自体の欠陥などで、発生した事故に対して、事故に合われた方や財産などに対して、支払われるものです。

また自動車を仕事で使う企業にとっては、自動車保険に加入することも、必須です。

特に対人や対物に関しては、多額の賠償を請求されるケースがありますので、無制限になるように、設定する必要があります。



あと、従業員が不幸にも起こしてしまった犯罪に対して、その犯罪により被った被害に対しても、保険が下りるものもあります。

これは大きな企業も行っているケースがありますが、従業員を採用したときに、その従業員に対して、生命保険を掛けることもあります。
これは業務上で万が一の場合に、会社にとって損害が出る可能性に対して、補償するものになります。

特に役員に対しては、必ずかけておく必要があります。

このように、保険に関しては、各種企業向けに用意されていますので、自社の都合に合ったものを選ぶようにします。

また、共済制度による補償もありますので、小さな掛金しかかけられないようなケースには、こういった共済制度を利用することにより、大きな補償を得るようにすることも可能なのです。万が一のことに備える保険なので、企業を経営するうえでは、必ず加入することをお勧めします。

http://www.sonpo.or.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%8D%94%E4%BC%9A
http://www2.ocn.ne.jp/~syakyo-y/